目の下のたるみにリフティ

眼の下のたるみをとるには?

眼のたるみ・女性の目

目の周りの印象が年齢を決める

眼のたるみは眼輪筋

老化は目から

顔の中で一番老化があらわれはじめるのは、「目元・目の周り」と言われています。
目の下がたるんできたり、目の下のクマが目立つと思ったら、お肌のたるみがはじまったサインです。

 

目の下のたるみの原因

目一番多い原因は自然老化

目の下のたるみは、加齢によって、眼輪筋などの目の周りの筋肉が退化し、支えられなくなった脂肪が重力に従って下へ垂れていくたるみから起きます。

 

また、肌にもともと備わっているヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持する役割をする物質が、年齢と共に減少することによって、肌のハリがなくなってたるんできます。
目の下の皮膚も同様に、これらの物質が減少して、ハリや弾力がなくなってきて、たるんできてしまいます。

 

眼窩脂肪

目の下の脂肪のことを眼窩脂肪といいますが、年齢を重ねると、次第に飛び出すようにふくらんできます。
血液やリンパの流れが滞って、余分な水分や脂肪が排出されないと、皮下組織の脂肪層の重量が増加するために、目の下のたるみは加速してしまいます。

 

この眼窩脂肪が影になって、クマのように見えてしまうことも多いようです。
目の下がたるんで、さらにクマもあると、顔全体が暗い印象になってしまいます。

 

目の下の脂肪は、顔の輪郭や体質から、多い人と少ない人がいます。
もともと目の下の脂肪が多い人は、たるみやクマができやすい傾向があります。
眼球が大きい人もそうです。

 

目の使いすぎ

最近はPCやスマートフォンの使用によって、まばたきの回数の減少などの生活習慣によって、目の周りが老化しやすく、たるみやすくなります。

 

目の周りの変化が、いちはやく老けを感じさせますから、気をつけたい部分です。

 

眼の下のたるみを.放っておくと

目の下のたるみは見た目年齢に大きな影響を与える部分です。
放っておくと、くまが強調されて、老けた印象になってしまいます

 

目の下のたるみを取るには

目の周りの眼輪筋を鍛えることです。

目の周りの筋力を鍛える方法

【1】まぶたを閉じて、眉毛をゆっくりと上にあげ、5秒キープしたら元に戻します。

 

【2】目を見開いたまま眉を上がるところまであげて人差し指でキープします。
上まぶたの位置はそのままで、下まぶたに意識を集中して目を閉じます。
5秒キープしたら元に戻します。

 

【1】と【2】の動きをセットにして、毎日5セットを繰り返します。

 

(参照 アンファーからだエイジング)

 

リフティで眼輪筋を鍛えることができます!
リフティの目の下の使い方
週に2度5分のリフティタイムに、目の下に当てて、イラストのように下から上に動かすだけです。
眼輪筋を意識することで、より眼輪筋を鍛えることができるでしょう。

 

保湿をしっかりすることが大切です。
アイクリーム(目元専用のクリーム)の使用もおすすめです。
目元のトラブルである、たるみや小じわに効果的な成分が配合されているので、直接アプローチできます。

 

リフティがあれば、アイクリームの必要はなく、パーフェクトジェルをしっかり塗って、リフティで眼輪筋を鍛えることが、最適でしょう。

 

 

トップページへ