シワの原因と対策

リフティでシワ対策!シワの原因は?

リフティでシワ対策

リフティとパーフェクトリフトジェルでシワ対策

シワの1番の原因は紫外線

紫外線が肌を老化させシワをつくります。
「シワ」とは、肌の弾力がなくなって皮膚が落ち込み、もとにもどらなくなることでできる溝です。
肌の弾力は、老化によって弱くなっていきますが、肌を老化させる大きな原因となるのは紫外線です。

 

アスリートなど、毎日紫外線の下で活動する人には深いシワがみられます。
マラソンてで活躍した有森裕子さんや松野明美さんは、とてもきれいな顔立をされているのに、年齢以上にシワが目立ちます。
それは若い頃に毎日長時間紫外線のもとでマラソンの練習をされていたからなのですね。

 

紫外線のUV−Aは、肌の弾力を保っているコラーゲンなどの繊維組織を壊してしまうのです。
繊維組織は、新たに体内でつくられますが、紫外線はその再生の働きをも妨げます。

 

肌の老化の80%以上は日光に当たることで起こる「光老化」によるものと考えられています。
肌にとっては、年齢よりも日光に当たる時間が問題となるからです。

 

乾燥で小ジワが増える

乾燥することで、肌の表面が水分不足になると、小さなシワがたくさんできます。
乾いた紙と湿った紙をくしゃくしゃにした場合、乾いた紙のほうがシワがはっきりできますが、皮膚にも同じようなことがいえるのです。

乾燥シワには早めのケアが必要

乾燥によるシワは、目尻や目の下、口元などによく見られ、乾燥しがちな冬や、風が強い日などに特に目立つことが多いものです。
まだ浅い皮膚の表面のシワの段階では、その時の肌の乾き具合によってシワの状態が違います。
しかし、くり返しシワをつくっていると、元にもどらなくなってしまうので、気づいたときの早めのケアが大切です。

 

表情がシワをつくる場合も

眉間にシワを寄せるクセのある人は、眉間にシワができたり、
上目づかいをしがちな人は、額にシワができたりと、
表情のクセがシワになることもあります。
これらの原因は、顔の筋肉(表情筋)が運動の方向を記憶するからです。
ほおづえなども、シワにを防ぐためには、控えなければならないクセです。

 

シワの対策は

リフティでシワ対策

紫外線を徹底的に避ける

紫外線は、肌に大きなダメージを与え、シワのほか、シミ、たるみの原因となります。
紫外線は、とにかく避けることが大切です。

 

紫外線対策用品

どれだけ紫外線を浴びたかで肌年齢が違ってきます。日焼け止めや、日傘、つばの広い帽子などは必須アイテムです。
またタバコを吸う習慣のある人は、紫外線のダメージを受けやすいので、さらに注意が必要です。

 

そして2016年から「日焼け止めの新しいアイテム」として注目されトレンドになっているのが、飲む日焼け止めです。
体の内側から紫外線対策してくれます。
一番評判が良い商品は、ニュートロックスサンという紫外線の特許成分が高配合で美容成分がたっぷりでビタミンとミネラルは栄養表示食品である「太陽の負けないサプリホワイトヴェール」です。
「リフティ」を販売している健康コーポレーションも、ニュートロックスサンを高配合している「サンタンブロック」を販売しています。
体の内側から紫外線対策は皮ふが白い欧米人の間では当たり前になってきているそうですが、日本でも美意識の高い女性の間では必須アイテムになりそうです。

 

肌の繊維組織を壊す紫外線UVAは、曇りの日も降り注ぎ、ガラスもすり抜けます。
曇りでも室内でも紫外線UVAはふりそそいでいますので、油断は禁物です。

 

日焼け止めは、PAの「+」の数でUVAをカットする値が表されています。
「+」が多ければ効果が高くなりますが、効果の高いものを使っても、朝ぬっても夜までには落ちてしまいますから、こまめにぬり直す方が効果的です。

 

保湿を怠らない

乾燥がもとで起こっている小ジワは、保湿をしっかり行うことで改善します。
シワが深くなってしまうと、なかなか元にはもどらないので、すぐにケアすることが重要です。

 

お風呂からあがってきて、髪の毛を乾かすことと顔の保湿と、どちらを先にやっていますか?
特に冬のように乾燥している時は、まずお顔の保湿です!
夏もエアコンによって、お部屋の空気が乾燥しているので、髪の毛より先に顔の保湿が大切です!

マッサージの方向が大切

1日の終わりにマッサージがおすすめ

表情筋(顔の筋肉)を、元に正しくもどす整理体操として

シワ対策のマッサージ法

基本は下から上へ、真ん中から外側に指をすべらせることです。
このマッサージの向きは、リフティ使用時も同じです。
下から上へ、真ん中から外へ、表情筋に働きかけます。

マッサージのポイント

頭皮のマッサージも

頭皮と顔の皮膚はつながっているため、頭皮がかたく緊張していると顔の皮膚が下がり、シワやたるみができるもとになります。

絶対にこすらない

必ず乳液やクリームなどをぬって。(保湿成分がたっぷりでリフト効果成分も配合されているパーフェクトリフトジェルがおススメ)
シワが気になるからと強く引っ張ると皮膚を傷つけるので、注意してください。
強い刺激は逆効果になります。

 

美顔器「リフティ」と「パーフェクトリフトジェル」を使用することが、おススメです。
 「肌を温め、じんわりほぐす」
 「表情筋を刺激し、肌をキュッと締める」
 「美容液成分を的確に届ける」
3つの働きで、シワ対策、たるみ対策、ハリ覚醒になって、いつまでも若々しい顔を保ってくれます。

 

 

 

トップページへ