リフティで肌のハリを覚醒!ハリがなくなる原因と対策

リフティで肌のハリを覚醒!ハリがなくなる原因と対策

肌のハリをなくす原因と対策

肌にハリがない原因は?

肌を支える繊維の衰えが原因

皮膚の構造

(参照 花王スキンケアナビ)
肌にハリをもたせているのは、表皮の下にある真皮の部分です。
真皮にはコラーゲンなどの繊維が網の目のように重なりあって存在していて、弾力があり、表皮をバネのように支えています。

 

古くなった繊維はもろくなるので、新しくつくられる繊維と入れ変わっていきます。
しかし紫外線や加齢によって、どんどん繊維が破壊され、繊維を生み出す細胞の力まで弱まってしまい、新しい繊維ができにくくなったり、できても質が悪くなったりします。
すると、表皮を支えている網の目がゆるんだり切れたりして、肌の弾力が失われ、肌のハリもなくなってしまいます。

 

女性ホルモンの分泌も影響

女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)には、コラーゲンをつくり出す細胞を活性化させる働きがあります。
そのため、卵胞ホルモンの分泌が少なくなると、コラーゲンも減少してしいきます。

 

更年期になると、急に肌のたるみが目立ちはじめるのは、この女性ホルモンの分泌の減少によるコラーゲンの低下のためです。
若くても、ストレスなどで卵巣の働きが衰えると、同じように肌に影響を与えてしまいます。

 

タバコも肌のハリを失わせる原因

タバコには、二コチンやタールをはじめとする何百という有害物質が含まれています。
タバコを吸うことで、血流が悪くなったり、女性ホルモンの分泌がおさえられたりして、肌の潤いがなくなります。ハリもなくなり、シワも増えます。
歳をとるとともに、タバコを吸っている人と吸わない人の肌には違いがあらわれます。

 

筋肉の衰えや皮下脂肪にも要因がある

肌の下には筋肉や脂肪があり、それらも肌を持ち上げ支えています。その筋肉や脂肪が衰えたり、少なくなったりすれば、肌のハリをなくすことにつながります。
ダイエットなどで脂肪が急激になくなると、皮膚はついていけずに、たるんでしまったりします。

 

肌のハリを戻すためには

コラーゲンが豊富な食品を食べる

肌を支えるコラーゲンは、体のあちこちで慟く大切なタンパク質です。
動物や魚の皮、骨などに多く含まれています。
コラーゲンを含む食品を食べても、そのコラーゲンがそのまま肌を支える組織となるわけではありませんが、分解され、体内でコラーゲンを生成する原料になるといわれています。

 

手羽先、鶏皮、フカヒレ、豚足、魚のアラなどがコラーゲンを多く合む食品です。
サプリメントも粉末やゼリー、ドリンクタイプと、様々なものが販売されています。
コラーゲンがより多く含まれていることから、プラセンタも人気のようです。

 

ビタミンCもたっぷりととる

体内でコラーゲンをつくり出すには、ビタミンCの働きが必要です。
コラーゲンと一緒に、緑黄色野菜や果物など、ビタミンCを多く含んだ食品もしっかりとると良いです。
ビタミンCは、体にためておけないので、毎日こまめにとることもポイントです。

紫外線対策、乾燥対策も怠らない

コラーゲンを壊す紫外線対策、肌の潤いを奪う乾燥対策は当然必要です。
日焼け止めをしっかりぬり、保湿をかかさないようにしましょう。→リフティでシワ対策で詳しく説明しています

よく噛んで食べる

たるみがちな口元の筋肉のためには、よく噛んで食べることもひとつの方法です。
消化を助け、満腹感をえられるので、食べすぎ予防になり、脳の活性化にもつながります。
よく噛んで食べることをふだんから心がけると、噛むことの効能はたくさん受けられます。

表情筋を豊かに使う

筋肉は使わなければ使わないほど衰えていきます。
表情を豊かにすることで、表情筋を豊かに動かすことは、肌のハリの覚醒につながります。
表情を豊かにする訓練としては
・目をみひらく
・ほおをふくらます
・ほおをすぼめる
・口を大きくあける
など豊かな表情を日ごろから心がけているといいです。
笑ったり、ほほ笑んだりすることが、表情筋を豊かに使うことにもつながります。

 

リフティとパーフェクトリフトジェルで肌のハリを戻すことができる

美顔器リフティが表情筋にアプローチすることで、ハリを覚醒させてくれることと同じです。
パーフェクトジェルに含まれている6種類の大きさの違う「集中型浸透ペプチド」は、角質層の適材適所に効果的に働いて、肌のハリを呼び覚ましてくれます。

 

 

 

トップページへ