リフティに搭載のEMSとは

EMSとは

たるみ専用美顔器のEMSの説明

「EMS」とは、どういうもの?

ems

「EMS」と聞いてもピンと来ない方も多いかと思いますが、テレビの通販番組などでもよく見かける、腰のまわりやお腹につけるベルトやバッド。ピクピク動くものです。

EMSとは、「EleCtriCAl MusCle StimulAtion」の略で、直訳すると「電気的筋肉刺激」という意味です。
電気による刺激を運動神経に与えて、通常より効率よく筋肉を鍛える方法のことです。

 

「EMS」器具をお腹や腕に貼って筋肉を「ピクピク」動かすと、「やせる」と話題になってブームになった時期がありました。
私も買って使ってみましたが、効いているのか、いないのかわからないまま、すぐに使わなくなってしまいました。

 

EMSというと、そういうマシンの印象から、筋肉を動かす運動器具だと思っていましたが、器具というよりは、「新しい運動法」という捉え方の方が合っているそうです。

 

通常の運動とEMSの運動の違い

通常は運動を行う場合、脳からの「運動しなさい」という命令が運動神経に伝わって、筋肉が動きます。
それに対してEMSは、脳からの「運動しなさい」という命令と同じ刺激を電気によって運動神経へ伝えることで、筋肉が動きます。

 

そのため、実際に体を動かさなくても、EMSによって筋肉だけが運動してくれるのです。

 

EMS運動のメリット

自分から自発的な運動に比べて、EMS の運動は、筋力値をより高く与えることができるので、効率よい筋肉のトレーニングを行うことができます。
また、自発的な運動の筋肉の収縮に比べて、EMS による筋肉の収縮は、長時間にわたり最大筋力での収縮を持続できるそうです。

 

EMSの筋肉の運動は、勝手に運動してくれるため、「運動しなきゃあ」とう精神的な負担や、関節・心肺機能にかかる負担も少なくて済むことが、大きなメリットです。
EMSのマシンをあてるだけで、部屋の中でトレーニングを長時間行うことができます。
そのため、体力に自信がない方や、足をケガしていて動けない方などのトレーニングにも利用することが可能です。

 

健康コーポレーションのEMS機能を搭載した商品

ボディカル ボニックというEMSを搭載したマシーンを2種類販売しています。

「ボディカル」

EMSとローラーを搭載しており、気になる部分をわしづかみでダイレクトに刺激を与えます。
4つのローラーがEMSを搭載していて、様々な角度から筋肉を刺激します。

「ボニック」

EMSと超音波機能を搭載しています。
ボニックは防水機能を搭載しているため、お風呂に入りながらEMSの機能を使用することができます。

 

一般的なEMSのマシンは、ベルトやパットで貼った箇所の筋肉だけ、電気刺激によって動きます。
「ボディカル」 「ボニック」どちらも好きな部位に好きなだけ使うことができるのが大きな特徴です。

 

EMS搭載のリフティ

リフティは、「ボディカル」 「ボニック」と同様に、その刺激を与える箇所を動かしながら、刺激を与えることができます。
筋肉の専門家であるライザップなどの知恵や技術を取り入れて、EMSが表情筋にアプローチし、おとろええた筋肉を鍛えて、顔の土台からグッとリフトアップと肌のハリを覚醒させます。

 

 

 

トップページへ