体が糖化すると「たるみやしわ」が増える

糖化・AGEsを増やす食生活を改善して顔のたるみ対策!

リフティとAGEsをイメージした花

「たるみ」の原因は体内の「糖化」も原因

40歳を過ぎるころから、体内で糖化が進行し、それが骨粗しょう症や生活習慣病のリスクを高めることも明らかになってきています。
「糖化防止」は、たるみ防止にも通じます。

甘いものは、たるみの原因になる

精白された白米や白いパンなどの炭水化物食品、甘いジュースやお菓子を常日頃から食べている人は、要注意です。
それらによって、40歳頃からたるみが進む危険性があるからです。

「糖化」とは、糖がたんぱく質と結合すること

体内において、急速に血糖値が上がって処理しきれない糖が生じると、組織をつくるたんぱく質に糖が結合して「糖化」が起こります。

糖化の最終生成物をAGEsと言います

精白された白米や白いパンやジュース、菓子は、血糖値を上げやすかったり、AGEsが多いと考えられるものです。
女性の体の14〜16%はたんぱく質でできています。
肥満だったり、高血糖状態が続くと、たんぱく質が糖と結びつきやすくなり、AGEsが加速度的に増加します。
AGEsは、高たんぱく質、高糖質で高温加熱した食品にも多く含まれていると言われています。
これらが、たるみや肌の老化、さらには生活習慣病の原因になります。
AGEsをつくる生活習慣やAGEsを多く含む食品を避けるとともに、できてしまったAGEsは、排出しやすくしなければなりません。

AGEsは肌のハリのもとであるコラーゲン同士を結合させて、弾力性を低下させる

これがたるみの一因になり、さらにはコラーゲンなどの代謝も遅らせ、肌の状態をさらに悪化させます。
AGEsは、たるみやシワだけでなく、老いた印象を強める、肌の黄ぐすみにも影響します。
さらに、コラーゲン線維の糖化で起こる骨粗しょう症、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病にまで影響してしまうことがわかってきています。
特に、網膜症や腎症など糖尿病合併症の第一原因は、AGEsと考えられています。

 

大腿骨頸部を骨折した人と骨折していない人の軟骨内コラーゲンのAGEs(ペントシジン)量を比較してみると、骨折した人は若い骨、古い骨ともに非骨折群よりAGEs量が多かったという結果がでています。
骨折群では骨形成の早期から、コラーゲンの糖化が進んでいることが分かってきました。

 

一般に糖尿病患者は、肌の老化スピードが速いとされていますが、皮膚でのAGEs増加が一因と考えられます。
食事で取り込むことと、甘い物の摂り過ぎると、体内でAGEsが増えます。

 

食事に含まれて入ってくるAGEsが55〜60%だとか。
AGEsは糖分とたんぱく質を高温加熱してつくられる食品に多く含まれます。
代表的な例がクッキーなどの焼き菓子やフランクフルトのような加熱した肉加工品など。

 

体に害を及ぼすAGEsは、体内に一度蓄積したら排泄されにくいのも大きな問題です。
特に皮膚のコラーゲン線維のように、半分入れ替わるのに約15年もかかる組織だと、長期間とどまり続ける可能性があるそうです。つまり、皮膚の老化がはやまってしまうということです。

 

40歳を超えると年齢に比例してAGEsが増えるという研究もあるので、お肌のためにも、「たるみやシワ」の防止にも注意しなければなりません。
食後すぐ10分ほど歩くだけでも糖が使われ、食後の血糖値は上がりにくくなるそうです。
血糖値を上げにくい食事をすることも、AGEsを増やさないことにつながります。

 

食生活でも、AGEsを多く含む食品を多くとらないように心がけることで、コラーゲンの糖化による「たるみやシワ」対策ができます。
日頃の食生活さらには、運動習慣の生活を心がけることで、「たるみやシワ」対策につなげていくことができます。
「たるみやシワ」には、姿勢を正しく保つことも大切です。

 

リフティで、たるみ対策をしながら、さらにはAGEsを多く含む食品を摂り過ぎないように気をつけて、コラーゲンの代謝をあげて、よりハリのあるきれいな美肌を保てていけるといいですね。

 

 

トップページへ